エロ動画・画像の魅力紹介

ニュース

薬
2013/10/15
内容
2013/10/15
データ
2014/04/04
写メ
2014/05/21
SM
2014/05/21
人妻

本能

imagination

エロとは、人間の性欲を抽象的に表した言葉である。
語源となるものは、神話に登場するエロスという名称から来ている。
そして、この言葉の類義語としてエロティックやエロチシズムという言葉も存在する。
どれも、性的な表現を含む内容に向けて使われる言葉である。

本来の名称であるエロスは、愛を表すものとして神話の中でも有名である。
しかし、日本で使われるエロは性欲を掻き立てるような画像、動画、アニメを指すことが多い。
これらは、アダルトコンテンツとして人気の高いもので、インターネット上にも配信サイトが多く存在する。
基本的には、成人に満たない18歳以下のコンテンツの閲覧を禁止としている。
これの内容を、略称として18禁と呼ぶ。
18禁の内容は、だれでも目のつく場所に陳列しないという決まりのもと販売されている。

対象

souzou

エロは、性的な内容を含む全般をさすが、その内容に一貫性はない。
しかし、基本的にこの言葉が指す対象として、女性が映しだされていることが多い。
作品としては、エロ動画やエロ漫画が挙げられる。
これらは、映像と紙の別々の媒体だが、どちらも女性の裸が映し出されている。
アダルトコンテンツの内容は、作品によって異なるものの女性の存在が必須となる。

これらのコンテンツが、テレビメディアで放映されることはほとんどない。
深夜の時間帯にそこまで過激ではないものが流されることはある。
しかし、大抵は放送規制がかかるためかいつまんだ内容となることが多い。

アダルトコンテンツは、インターネット配信かDVD販売によって閲覧することが可能である。

女優

アダルトコンテンツで、羨望の目の対象となるのは女性である。
女性の色気漂う姿に興奮し、本能的に性的なシーンを求めてしまうのである。
そんな映像を閲覧するための物としてアダルトビデオがある。
アダルトビデオは、記録媒体がビデオではなくなった今でもその名称で呼ばれることが多い。

アダルトビデオに登場している女性を、AV女優と呼ぶ。
人気のAV女優は、20代前半から半ばくらいまでが多い。
テレビに出演する場合は、AV女優ではなくセクシー女優と肩書を変える傾向にある。

AV女優は、一ヶ月の作品の撮影数が2~3本ほどである。
そのため、同じ女優の作品でも新作が出る期間が比較的短い。
定期的に楽しむことができるコンテンツとして、多くの男性から人気を呼んでいる。